看護婦

薄毛の原因

若い時には髪の毛がフサフサだとしても、年を取るごとに、髪の毛の量が少なくなってきたり、1本1本が細くなったり、などの体験をしている男性は少なくありません。
薄毛と一言で言っても様々なタイプがありますが、最近ではAGAという言葉をよく耳にするようにします。
AGAとは、「Androgenetic Alopecia」の略称です。AGAは男性特有の薄毛になる症状のことです。
これは男性特有のものですが、女性もなる可能性があるFAGAという女子男性型脱毛症もあります。
AGAの主な原因は、遺伝、男性ホルモンの影響です。多くの人が髪が薄くなったり、髪の量が少なくなったりするのは加齢が原因だと思っています。
もちろん加齢が原因で薄毛になることはありますが、その薄毛とAGAとは大きく異なるのです。
AGAの場合は、過度のストレスや睡眠不足、食生活などが影響していることもあるのです。

多くの人が髪の毛が薄くなってから、「自分は薄毛だ」と気づくのですが、実は見た目ではっきり分かる前から、薄毛は進行しているのです。
進行していたとしていても、初期段階の場合は頭皮はそこまで目立ちません。そのため、本人だけではなく周囲の人も気づかないのです。
ある程度進行してくると、髪が濡れた時に髪が薄くなっていると感じるのです。
髪が乾いている状態で薄毛が目立つ場合は、非常に進行している状態です。それからは、髪の毛がある密度が薄くなっていき、周囲の目線も気になるようになります。
薄毛が原因でプライベートや仕事、様々な場面で影響が出てしまうのです。

AGAを改善するためには、なぜ薄毛になるのか、という原因を知る必要があります。原因を1つずつ改善していくことで、薄毛を改善することができます。
AGAの主な原因は、男性ホルモン、遺伝、ストレス、生活習慣などです。
男性ホルモンは、骨や筋肉の発達を促進していて、ヒゲ、体毛などの毛を濃くする作用があります。しかし、男性ホルモンが作用することによって、前頭部や頭頂部などの毛包が軟毛化するのです。
遺伝的要素は、AGAのような薄毛に大きく関係しています。父親が薄毛だから自分も薄毛になる、というのをよく耳にしますが、実際は母方からの遺伝子の方が大きいです。
ストレスは病気の原因になることが多いですが、AGAの原因にもなります。
過度なストレスを受けることによって、自律神経、ホルモンバランスを崩してしまい、体内の血液循環が悪くなってしまいます。すると、余分なホルモンが過剰に分泌されてしまい、髪の毛が抜けやすくなってしまいます。

  • 看護婦と医者

    AGAの治療法は様々ありますが、多くのクリニックでは内服薬と外用薬の、両方を使用して治療を行います。内服薬として使うのはフェナステリド、外用薬として使うのはミノキシジルです。

    READ MORE
  • 医者2人

    予防

    AGAになる原因は主に生活習慣、食生活、運動不足などです。遺伝が原因の可能性もありますが、生活習慣が深く関係しているのです。そのため、AGAになる前に予防することが大切です。規則正しい生活習慣を送るだけでも予防になります。

    READ MORE
  • 看護婦

    ヘアサイクル

    AGAを改善したい場合は、髪の毛について知っておくことが重要です。毛髪にはサイクルがあり、成長期、退行期、休止期があります。このヘアサイクルが一定に保つことができなくなると、毛髪の量に大きく影響するのです。

    READ MORE
  • ガッツポーズの医者

    治療費用

    AGAに効果的な内服薬、外用薬が開発されたことによって、医療機関で積極的に処方されるようになりました。薬を購入する前に、費用について知っておきましょう。医療機関によって、費用は異なります。

    READ MORE